TOP  > 「新人・若手」と呼ばれるうちが勝負!
「一生使える仕事の基本」が身につく研修

「新人・若手」と呼ばれるうちが勝負!
「一生使える仕事の基本」が身につく研修

仕事ができる人とは、どんな人でしょうか?
必要な知識やスキルを潤沢に持っている人、常に顧客から信頼される人…必要な要素は様々考えられますが、どんな仕事にも共通する「できる人」の絶対要素とは、「継続的に成果を出し続ける」ということです。
たまたま運やタイミングが良く、一時的に成果をあげる人はどこにでもいます。が、成果を出し続ける人は、成果を挙げるための黄金律ともいうべき「ルーティーン」を作り、いつも原則に則って行動し、見直し、修正する、というサイクルを体の芯に入れている。だから、仕事が変わっても、いつでも、どこでも、誰とでも成果が出せるのです。
いくら表面的に仕事を覚えても、それは、仕事に「慣れた」だけ。そのやり方を繰り返していては、いつまでたっても「仕事ができる人」として成果を出し続けることはできません。

一生モノとなる仕事の仕方を身に着けるなら、今。何歳になっても習得は可能ですが、新人・若手と呼ばれ、多少大目に見てもらえるこの半年で集中的に体得するのが一番効果的です。
本講演では、今年も官公庁・各業界で1000人を超える新人研修を担当し、新人若手気質を熟知した人材育成のプロSkillpod代表須見庸子が、業界業種を選ばない「一生モノの仕事の仕方」習得の秘訣を徹底指導します。
新人・若手に限らず、指導担当者や管理職の方にも、必ずご参考になる内容です。お誘いあわせの上、奮ってご参加ください。(参加型で、体を使ったグループワークもあります。動きやすい服装でご参加ください)
カリキュラム
◆仕事ができる人・できない人の違いは、どこに
◆貴方の仕事、そこがダメ!仕事の基礎力総点検
◆継続して成果を出す人は「ルーティーン」を徹底する
◆誰がやっても失敗なし!G‐PDCAは成功の黄金律
◆成果を出す人材は、常に「自責」で検証する
◆優先順位は、一筋縄で決まらない
◆いつまでが「新人」?いつまでに「プロ」になるのか?
◆仕事ができる先輩・上司がいてこそ仕事ができる若手が育つ
     ~信・任・認で「一生モノの仕事術」を身につけさせよう~

    講師は、(株)Skillpod・日本教え方検定協会代表 須見庸子が務めます。
開催概要
  • 日時:7月13日(金)9:30~16:30
  • 場所ちよだプラットフォームスクエア
  • 受講料:16,200円
      ※価格は税込みです。
      ※受講料は、講座の1週間前までに、下記口座宛てにお振り込みください。
       三菱東京UFJ銀行四ツ谷支店 (普通)0014576 (株)Skillpod

  • お申し込み方法:以下のフォームにご記入ください。

お名前 (必須)

会社名 役職

メールアドレス (必須)

電話番号

ご質問・ご要望

プライバシーポリシーに同意する



コメントは受け付けていません。